2018/06/25

Android (7.1.1): Google Playストア、Google play services for instant appsが、更新されない場合

モバイル通信の不意な消費を抑えるため、アプリの自動更新をオフにしたり、アプリの更新はWiFiのみとしている人は多いと思う。

これらは、Playストアの設定の「アプリの自動更新」にて設定できる。私は、「アプリを自動更新しない」に設定している。また、データセーバも使っているので、アプリはあらかじめ設定されていなければ、バックグラウンドでモバイル通信をすることがないようにしている。

にもかかわらず、スマホを操作していると、WiFiに接続していないにも関わらず、「Goole Playストア」や「Google play services for instant apps」のダウンロードが勝手に始まることがある。セキュリティソフトのログを見ると、1~2週間に1回くらいの感じで更新されているようだ。そこまで大事なコンポーネントなのかどうかは不明。

これを止められないかという話はよくあるようだが、ない、というのが正解の様子。

なんだが、ダウンロード中に、ダウンロードマネージャが通知領域に表示するプログレスバーの下にある「キャンセル」を押すと、、、、。ダウンロードを止められる。

気が付いたときにこれで止められるといえば止められるわけだが、待ち構えているわけにもいかないので、、、あんまり、意味なし。

というか、ここでキャンセルすると、二度と最新バージョンを取りにいかなくなっちゃう。通常であれば、Google Playの「設定」→「Playストアのバージョン」を選ぶと手動で最新版をダウンロードできる。が、一度、ダウンロードをキャンセルしてしまうと、この操作を実行するとダウンロードが始まるようなそぶりを見せるのだが、ダウンロードが始まらない。。。

その場合は、ホームの「設定」→「アプリ」でGoogle Playストアを「無効にする」と良いようだ。この操作をすると、「アンインストールするか?」と聞かれたのち、「Playストアを出荷状態に戻してよいか?」と聞かれる。出荷状態に戻すと、その直後に最新版への更新が自動的に始まる。で、めでたく、Playストアが最新版に更新される。

つーか、手動でちゃんとできるようにしてほしい。


0 件のコメント :

コメントを投稿